相続のご相談はこちら

贈与税とは

贈与税とは

税理士・行政書士  大長正司

贈与税は、財産をもらった人(受贈者)が支払います。贈与税の納付は原則、金銭で一括納付しなければなりません。そのため、現金以外のものを贈与された場合にも金銭で納付しなければならないため、この場合には納税資金についても検討することが必要です。

 

贈与税の課税方式

 

贈与税には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2種類の課税方式があります。

 

「暦年課税方式」とは
贈与税の課税方式の一つで、1年間(毎年1月1日から12月31日までを一つの課税期間とする)にもらった財産についてまとめて課税する方式です。受贈者1人について年間110万円までは非課税となります。

 

「相続時精算課税方式」とは
贈与税の課税方式の一つで、贈与時に納める税金をできるだけ少なくし、将来の相続の際に改めて税金を計算する方式です。一定の要件を満たせば選択することができます。選択する場合には、届出の提出が必要になります。贈与者1人について2,500万円までは非課税、2,500万円を超えた部分については、一律20%の税率で贈与税を算出します。

 

税理士・行政書士  大長正司

贈与税は、もらった翌年の2月1日から3月15日の間に申告し納税しなければなりません。期限を過ぎても必要な申告をせず納税を怠っている場合は、無申告加算税や延滞税の対象になることがあるため注意が必要です。

 

贈与税がかからない財産

 

例えば、扶養義務者である親からその子(大学生)への生活費や教育費の仕送りには贈与税はかかりません。(生活費や教育費については、必要な都度直接これらの生活費や教育費に充てる場合に限定されます。)

 

贈与税がかからない財産の詳細は、下記国税庁ホームページを参考にして下さい。

国税庁ホームページ №4405「贈与税がかからない場合」