相続税申告、相続手続きはどの専門家に相談するのがいい?税理士、行政書士、司法書士、弁護士の選び方や違いを解説。

税理士にお任せください

相続に関連する業務

相続に関連する業務には、例えば、生前の相続税対策、贈与税の申告、遺言書の作成から実際に相続が発生した後の各種の相続手続き、相続人・相続財産の調査、準確定申告、遺産分割協議、遺産分割協議書の作成、相続税の申告等たくさんの大切なことがあり、期限内に行わなければなりません。

相続というと、一般的に一生のうち何度も起こるものではありませんので、これらのことをどの専門家に相談・依頼するか分からない方が多くいらっしゃいます。

相続に関連する業務を行う専門家とは、具体的に、税理士、行政書士、司法書士、弁護士等の士業のことをいいます。相続業務について、各士業のそれぞれの役割をご案内します。

相続に関連する業務を税理士等のどの士業に相談・依頼すればよいか(まとめ)

税理士・行政書士  布施永善

相続に関する業務のうち、どの業務をどの士業に相談・依頼したら良いか表にまとめました。参考にご覧下さい。
相談・依頼する相続に関連する業務 静岡相続手続きサポートセンターで直接行います 提携先士業へご紹介(ワンストップサービス)
税理士 行政書士 司法書士 弁護士
相続税申告
準確定申告
相続税対策
贈与税申告
遺言書作成
金融機関諸手続きサポート
相続人・相続財産の調査
遺産分割協議書の作成 △(※1)
相続登記(不動産の名義変更) △(※2)
相続放棄 △(※3)
遺産分割調停等紛争解決 △(※4)
表の見方

〇:依頼できる(静岡相続手続きサポートセンターで直接行います)

✖:依頼できない(専門家をご紹介します)

△(※1):遺産分割協議書は、相続税の申告書を提出する場合に添付する必要があるため、このような場合には相談・依頼すると良い

△(※2):登記を行うことはできるが、実際に行っている弁護士は少ない(専門ではない)

△(※3):書類の作成はできるが、家庭裁判所に代理人として手続きすることはできない

△(※4):書類作成のみできる(遺産総額140万円以下であれば代理できる場合がある)

 

最初にどの専門家・士業に相談したら良いかの目安(例)

①遺産総額が基礎控除額を超える等相続税の申告が必要なケース

遺産総額が基礎控除額を超える場合とは、すなわち相続税の申告が必要な場合のことをいいます。この場合には、まずは「税理士」にご相談下さい。

 

※遺産の総額が基礎控除額以内であっても、「配偶者の税額軽減」や「小規模宅地等の税額の特例」等の適用を受けて相続税が0円になった場合にも相続税の申告は必要となります。このような場合にも「税理士」にご相談下さい。

税理士・行政書士  布施永善

万が一相続が発生した時には、まず最初に静岡相続手続き相談センターにご相談下さい。私たち税理士が皆様のお悩みを解決します。

 

詳しくは、「静岡相続手続きサポートセンター」をご覧下さい。

 

②相続税の申告がなく、不動産の名義変更もなく、相続争いもないケース

このような場合は、「行政書士」に相談すると良いです。一般的に、弁護士や司法書士よりも行政書士に依頼した方が費用を抑えることができます。

 

③相続税の申告はないが、不動産の名義変更があり、相続争いはないケース

不動産の名義変更登記の専門家は司法書士です。このような場合は、「司法書士」が対応してくれます。

 

④相続人の間で争いがあるケース

相続争いを解決する専門家は弁護士です。このような場合は、「弁護士」が対応してくれます。

税理士・行政書士  布施永善

上記の③、④のケースでも、静岡相続手続きサポートセンターにご相談下さい。ワンストップサービスで提携の司法書士、弁護士をご紹介します。ご紹介について手数料等をいただくことはございません。

相続に関する税理士の主な業務

税理士の相続に関する業務は、主に税金を中心とした相談業務、生前対策や贈与税の申告、相続発生後の手続き、相続税の申告等の業務がメインとなります。

税理士の主な業務(生前対策)
  • 不動産等の資産の評価
  • 相続税のシミュレーション
  • 遺産分割方法の提案
  • 遺言書の作成
  • 相続税の節税対策
  • 贈与契約書の作成、贈与税申告 等
税理士の主な業務(相続発生後の業務)
  • 相続人、相続財産の調査
  • 財産目録の作成
  • 相続税のシミュレーション
  • 金融機関の諸手続き等のサポート
  • 準確定申告
  • 遺産分割協議書の作成(相続税申告と併せて作成)
  • 相続税の申告
  • 税務調査立会い 等

相続に関する行政書士の主な業務

行政書士の相続に関する業務は、主に遺言書の作成や遺産分割協議書の作成等の書類の作成が中心となります。

行政書士の主な業務
  • 遺言書の作成
  • 金融機関の諸手続き等のサポート
  • 相続人、相続財産の調査
  • 遺産分割協議の相談
  • 遺産分割協議書の作成 等

相続に関する司法書士の主な業務

司法書士の相続に関する業務は、相続した土地や建物等の不動産の名義変更手続き(相続登記)が中心となります。

司法書士の主な業務
  • 遺言書の作成
  • 金融機関の諸手続き等のサポート
  • 相続人、相続財産の調査
  • 遺産分割協議の相談
  • 遺産分割協議書の作成
  • 不動産の名義変更手続き(相続登記) 等

相続に関する弁護士の主な業務

弁護士の相続に関する業務としては、弁護士は法律のスペシャリストであるため相続税の申告等税金に関する業務以外のほとんどに対応できるため、相続に関係する様々なトラブルや争いを解決することができます。

弁護士の主な業務
  • 遺言書の作成
  • 金融機関の諸手続き等のサポート
  • 相続人、相続財産の調査
  • 遺産分割協議の相談
  • 遺産分割協議書の作成
  • 相続放棄
  • 遺留分減殺請求
  • 調停の申し立てや訴訟の提起等の紛争解決手続き 等

税理士・行政書士  布施永善

相続税の生前対策や相続発生後の手続きについてのご相談は、静岡相続手続きサポートセンターが承っております。私たちにご連絡下さい。
 

初回無料相談受付中!

フリーダイヤル(無料)

0120-193-451

お問い合わせ

お気軽に
ご連絡
ください!

平日 9:00~18:00 メールでのご連絡は24時間受付しております。