相続のご相談はこちら

遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは

遺産分割協議が完了したら、協議の結果を書面に残す必要があります。
この書面を「遺産分割協議書」といいます。

 

遺産分割協議書は、相続税の申告時や不動産の所有権移転登記、預貯金の名義変更等の手続き時に添付し提出します。

 

税理士・行政書士  大長正司

遺産分割協議書の作成は義務ではありませんが、相続後の手続きをスムーズに行うためその後のトラブル防止のため法的にも分割が完了したことを示すためにも書面に残すことは大切です。

 

 

遺産分割協議書のポイント

 

  • 遺産分割協議書の作成には、特に決まったルールはなく、手書きでもワープロ使用でも、また用紙についてはサイズ、縦書き横書き等いずれも自由です。
  • 誰がどの財産を相続するか等財産の内容と相続人を特定しなければなりません。
  • 相続人全員の署名と押印が必要です。
  • 印鑑登録証明を受けた実印で押印しなければなりません。
  • 遺産分割協議書が2枚以上になる場合は、用紙と用紙の間に契印が必要です。
  • 相続人の人数分作成します。

 

遺産分割協議書作成時の注意点

 

  • 最初に、被相続人、相続人が誰かを明記しなければなりません。
  • 土地、建物等の不動産は登記簿謄本のとおりに記載しなければなりません。→(土地)所在地、地番、地目、地積 (建物)所在地、家屋番号、種類、構造、床面積
  • 預貯金等は特定できるように記載しなければなりません。→金融機関名、支店名、口座の種類、口座番号、金額(相続開始当時の残高)
  • 後日、新たな遺産が見つかった時にどのようにするかを記入する必要があります。
  • 分割協議が成立した年月日を記入しなければなりません。

 

 

遺産分割協議書とは 話し合う家族