相続のご相談はこちら

自筆証書遺言

自筆証書遺言 老夫婦

税理士・行政書士  大長正司

自筆証書遺言は、本人が遺言書の全てを自分で書いて作成し、保管も自分で行う方式の遺言です。

 

自筆証書遺言のメリット

 

  • いつでも、どこでも自分1人で書くことができる。
  • 思いたったときに書くことができる。
  • 存在や内容を秘密にできる。
  • 作成に費用がかからない。

 

自筆証書遺言作成時の注意点

 

正式に遺言書として認められるためには、いくつかの要件を満たさなければなりません。決められた形式に従って書かなければ法的に無効になってしまうため注意が必要です。

 

 

注意

・遺言書の全文を自分で書かなければなりません。⇒必ず手書きで記入し、ワープロ等使用してはいけません。

・氏名(フルネーム)と日付は必ず記入し、日付は○年○月○日まで記入しなければなりません。⇒〈例〉○年○月「吉日」は無効。

・署名と押印が必要です。印鑑は認印でもかまいませんが、後のトラブルを防止するためにも実印が良いでしょう。

 

自筆証書遺言とは

 

自筆証書遺言のデメリット

 

  • 自分で保管しなければならない。
  • 死後に見つからない可能性がある。
  • 偽造のおそれがある。
  • 形式不備によって無効となるおそれがある。
  • 家庭裁判所の検認手続きが必要。
  • 内容を訂正する場合、その方法は厳格に決められています。

 

注意
遺言書の保管についてですが、偽造等を防ぐためにも封印し、銀行の貸金庫に預ける、自宅の金庫に保管する、信頼できる人に預ける等の対策が必要になります。

 

 

自筆証書遺言を発見した時の手続き

 

  1. 発見した人が家庭裁判所に提出して、検認を受けます。
  2. 封印してある場合は、家庭裁判所で相続人もしくは代理人立ち会いの上、開封します。

 

 

 

自筆証書遺言は法的に無効になるケースがあるため、当センターでは安全で確実な「公正証書遺言」をおすすめしています

 

 

ご不明な点がございましたらお問い合わせ下さい。